カローラ 査定

カローラフィールダーは良好な査定額で買い取ってくれます

カローラ,アクシア,フィールダー,査定,買取,相場,高額,売却

 

カローラフィールダーは良好な査定額

 

カローラはトヨタが長年ブランド名として採用している名称で、
日本だけでなく世界的にも大衆車として知られています。
現行のモデルには国内向けセダンのアクシアとステーションワゴンのフィールダーがあります。

 

 

 

カローラフィールダーは使いやすい大きさで、低燃費を実現しており、
初めて所持する車としてもふさわしく、またリピーターも多い車種です。
そのため、中古車市場でも安定した人気があり、良好な査定額が期待できます。

 

 

 

カラーは黒やホワイトパープルが人気色で、中古車として買い取ってもらう際にも影響があります。
ワンオーナーでエンジンの状態がいいこと、また、内装が綺麗であることなどの条件を満たしていれば、
良好な価格で下取りや買取に出せます。

 

カローラ,アクシア,フィールダー,査定,買取,相場,高額,売却

 

シリーズの3代目にあたる2012年発表のフィールダーE16#G型は、
ゆったりとした室内空間と操作性の良さで人気が高く、
中古市場でも高めの査定額を付けてもらえます。

 

カローラフィールダーの査定

 

私が乗っていたのは2012年式のカローラフィールダーで、
走行距離3万キロでした。カラーは黒です。
人気色だし、内装も綺麗な状態を保っていたので、自信はありました。

 

 

 

ちょうど売り時だと思っていました。ネットの一括査定を使ったところ、
3社からいい値段を提示してもらったので、査定の担当者に来てもらいました。

 

 

 

 

熱心な担当の方がいたので、多少上乗せしてもらえればそちらでお願いしたい
ということを伝えると、素直に価格を引き上げてもらいました。
結局、その業者に126万円で売却しました。

 

 

 

>>>カローラフィールダーは走行距離が多少あっても売却できます